お金を借りる消費者金融と銀行の違い

簡単にお金を借りることが出来るキャッシングは人気の金融商品です。
そのため、取り扱う金融機関も非常に多く、また消費者金融系や銀行系などにも分かれています。
まず、消費者金融系は銀行系よりも、借入限度額の最大値が比較的低く、金利も高めである傾向にあります。
ですが、そのため審査が比較的緩いというメリットがあり、少額借り入れや手軽に資金を借り入れたい方には打ってつけです。
一方、銀行系ですが、限度額は高く金利も比較的安い傾向にあるので、どちらかというと高額借り入れに向いています。
中には年収制限などをしている銀行もあり、審査は消費者金融系よりも厳しくなっています。
また、銀行系のキャッシングは、総量規制という法律の適用外で、専業主婦の方でも少額借り入れが可能になるというメリットがあります。
まとめると、手軽に借り入れ行いたいなら消費者金融系、高額借り入れを考えているなら銀行系など、このように使い分けると良いでしょう。