外貨mmfするなら楽天銀行ではなく楽天証券で口座を持ちましょう!

楽天が運営している金融機関には、楽天銀行と楽天証券があります。
このうち、楽天銀行には外貨MMFの扱いはなく、外貨預金を扱っています。
普通口座を開設したあと、外貨預金の口座を開設してニュージーランドドルなどを預金します。
楽天という会社は、ショッピングモールも運営していてとても便利なのですが、特に銀行と証券は双方の口座を持っているとたまにごっちゃになって、わからなくなります。
外貨MMFをするなら楽天証券に口座を持ちましょう。
もともと為替手数料も安めのインターネット証券であると共に、少額から買えるのも便利で、米ドルは10ドルくらいから買えます。
つまり、1000円から投資が出来るのです。
外貨MMFでは、金融機関の破たんの時には保護されませんが、楽天なのでほぼ大丈夫と思えるのも心強い点です。
楽天証券確定拠出年金は?手数料比較【口座開設無料】